生活の中で

医師と患者

感染症ウイルスの一種です

私達の生活の中には、色々な感染症や、その元になるウイルスなどが存在します。 これは地球が航空機などで世界各国への行き来ができ、外来種などの侵入や、異国の環境の保菌者が入国しての発生など、1つの社会問題の懸案すべき部分とされています。 そして今回の記事の題材である「ヘルペス」というのも、そのウイルスの1つになります。 これはヘルペスウイルス科の総称で言われており、感染した場合の基本的な病例として、水ぼうそうや、帯状疱疹などのケースがあります。 ヘルペスウイルスと聞いて、ノロウイルスとかの危険度の高いウイルスと一見一聴して思う人も居られるかもしれませんが、ヘルペスウイルス自体は誰もが感染している一般的な保菌ウイルスの類であり、これの感染経路は他人の唾や咳などが当てはまるものになります。

ヘルペスウイルスで起きる口内炎の問題など

ヘルペスウイルスは前述の水ぼうそうや帯状疱疹以外にも、口唇ヘルペスや、歯肉口内炎に角膜などにも問題を起こすケースがあります。 これはそれぞれの部位に水ぶくれなどの症状を起こし、痒みや痛みなどを発生させてしまいます。 歯肉口内炎などが、傷をつけてしまった覚えも無いのに急に白い穴みたいな口内炎ができていたりした場合には、ヘルペスの疑いもあり、他人の菌が悪影響を与えてきたなどの可能性もあります。 ですが、基本的に何かしらの合併症状や別の病状の類であったり、何かしらの原因で重症の状態でなければ、個人の差異はありますが基本的に2週間程で自動的に治るモノでもあり、なるべく早めの内科医などへの複数相談などが推奨されます。